掃除に季節って関係あるの?夏にオススメな掃除

暑い夏に実践!掃除で気分もリフレッシュ

掃除というと、年末の大掃除を連想する方がほとんどだと思いますが、実は、冬よりも夏の方が、効率的に掃除できる箇所がたくさんあります!
今回は、是非夏にこそ実践してほしいお掃除をご紹介します。
まず、キッチン周りである、ガス台や換気扇掃除です。
熱によって油汚れは落ちやすくなるため、気温が上昇する夏がチャンスであり、逆に気温が下がる冬は、油が固まってしまうため不向きといえるでしょう。
次は、お風呂などの水回りです。
寒い冬は、水場の掃除は辛く大変ですが、夏場は、冬場の大変さは無いため掃除も捗ります。
排水溝部分は、汚れが溜まるほど落としにくくなり、1番雑菌が繁殖しやすい部分です。
気温が高く、乾きも早い夏にこそ、この部分を徹底的に掃除することにより、カビの発生を防げ、年末の掃除もだいぶラクになるでしょう。
その他にも、カーテンやラグなどの大きなものの洗濯や、網戸の掃除などにも適しています。

夏にオススメの掃除術とコツ

掃除する箇所によって道具や洗剤などが必要になりますが、全てを買い揃えるのは大変です。
今回は、できるだけ複数の場所に使え、身の回りの物を使ってできる掃除術をご紹介します!
買い揃えるのにオススメなのは、アルカリウォッシュ、重曹、メラニンスポンジ、ウタマロクリーナーです。
油汚れの酷い換気扇は、ゴミ袋にアルカリウォッシュとお湯を入れ、つけ置きし、しばらくしてスポンジでこすれば、べとべとな油もきれいに落ちます。
アルカリウォッシュを水で溶いたものをスプレーし、換気扇周りやコンロを拭くと、ピカピカになりますので、これは、キッチンだけでなくフローリング掃除にも有効です。
ウタマロクリーナーは、アルカリウォッシュ同様、換気扇、コンロ、シンクに効果を発揮しますが、中性なのが特徴で、網戸、壁、サッシなど家中の掃除に使える優れものです。
これも、スプレーして拭くだけで臭いもせず、手にも優しい素材で活躍してくれます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ